【2023年最新】レクサス新型RXまとめ情報

レクサス新型RXまとめ情報

レクサス新型RXについてのまとめ情報になります。随時情報を追加更新していきますので、ブックマークをどうぞ!

旅めだか

新規顧客向けの抽選で250名の枠に当選した為、購入する事となりました。納車日はまだ未定となります。

レクサス新型RX公式サイト

目次

目次へ

新型レクサスRX最新納車情報

レクサス新型RXTRDエアロ
RX500h+TRD(グラファイトブラックガラスフレーク

価格コムで2023年1月6日納車の方がいらっしゃいました!

新型レクサスですが、既に納車された方がいらっしゃるようです。価格コムでは1/6の方。

Twitterも納車の現場を見た方がいらっしゃいました。

https://twitter.com/r_stagram_osaka/status/1613787981260926976

徐々に先行抽選で当選された方の納車が進んでいくのでしょうね。

ただし1ディーラー当たりの2023年9月までの割り当て台数は数十台程度の所が多いようです。

旅めだか

私の担当ディーラーは確かそのぐらいの割り当て台数と言ってました。申込者は200名オーバーとか。。。

生産台数が増えない限りは、納車まで数年待ちになりますね。

>>> 新型RX納車時期情報(価格コム)

スポンサードリンク

新型レクサスRX価格情報

レクサス新型RXTRDエアロ
RX500h+TRDエアロ(ホワイトノーヴァガラスフレーク)

新車価格: 524~900 万円

新型レクサスRX値引き情報

値引きですが、まず購入すらなかなか出来ない状況の中で、値引きなしが基本と思っていいでしょう。

可能だとしても用品サービス、諸費用のカット程度が限度かと思います。

旅めだか

1月末に契約予定なので、その際の商談結果はおって追記します。

スポンサードリンク

新型レクサスRX納期情報

レクサス新規の方には5年待ちと案内しているディーラーもあるようです。

各ディーラーへの割り当て台数が、かなり少なく数十台程度の所が多いようです。

場所によっては年間1ケタしか割り当て台数がないディーラーもあるとかないとか。

ランクル300もひどい状況ですが、RXもしかりですね。

新型レクサスRX抽選販売状況・結果最新情報

新規購入者(はじめてのレクサスを購入者)向け抽選結果状況

新型RX抽選販売
新型RX抽選販売
クサス公式より

初めてレクサス車を購入するユーザー向けに抽選販売(全国500台限定)有。締め切りは2022年12月22日で、販売店へ出向いての申込みが必要。購入も残価設定ローン、KINTOなどが前提(現金一括不可)。

新型RX抽選販売
抽選販売モデルの装備・機能情報

抽選販売モデルは、マークレビンソンプレミアムサラウンドサウンドシステムなどのオプションを含むパッケージでの販売等の制約もありました。

>>> 抽選販売モデの装備・機能情報(レクサス公式HP)

12月22日で応募が終了し、抽選発表が1/12にありました。

早い方だと担当の方より、1/12に遅い方で1/13に担当の方より電話があったようです。

旅めだか

私は1/12の夜に電話で当選連絡をもらいました!


価格コムでも、皆さん抽選に当たった、外れたなどのコメントが飛び交っていましたので下記にリンクを貼っておきました。

既存レクサスユーザー向け抽選結果情報

既存レクサスオーナー向けの抽選については、ぶっちゃけ忖度はあるようです。

やはりそのディーラーで10台以上購入されている方と1台のみの方。

貢献具合が違いのでそれはしょうがないと思います。

新型レクサスRX関連雑誌

新型レクサス関連の雑誌はまだ発売になっていません(2023年1月15日現在)。

発売された場合、こちらから確認出来ますのでチェックしてみて下さい。

>>> 新型RX雑誌一覧

新型レクサスRX発売日

2022年11月18日発売

新型レクサスRXリセールバリュー予想情報

とりあえず買いたくても買えないという状況が続くかぎり車両本体価格に対してのリセールバリューは100%超の状況が予想されます。

新型NXのオークション結果を見てみると乗り出し価格と同等以上の結果が出ている事から、新型RXでも同様になりそうです。

半年経過程度では、乗り出し価格と同等程度のリセールが期待、想定出来るのではないでしょうか。

旅めだか

RX500hなど高価格のグレードだと予想がつかないですね。果たして、、、

上の動画でも説明されていますが、下取りに出すならMOTA車買取で一括査定をしてもらうのが便利ですね。

  1. 営業電話のラッシュがない
  2. 翌日18時に概算査定額がWEB上に表示
  3. 最大20社の買取店査定が可能

これまではcarview愛車無料査定などの一括査定を利用していましたが、MOTA車買取を知ったら他の一括査定会社より何よりも自分が楽になりますね。

MOTA車買取と他の一括買取査定の違いは?

一般的な一括査定とMOTA車買取の違いは、査定後の電話ラッシュが無いことです。MOTA車買取は、申し込んだ翌日の18時以降に査定金額上位3社からのみ連絡が入ります。他の一括査定とは違い、査定後の電話ラッシュはありません。また、上位3社以外の会社の査定金額も確認できるため、気になる会社を一目で探すことができます。※一部車種除く

しかも今はコロナの影響で相場がアップダウンの買取相場の動きが激しくなっている為、業者の得意不得意によって金額のバラつきが大きくなりやすい環境下にあります。

よって出来るだけ多くの業者から査定してもらう事が高く売れるコツとなります。

>>> 最大20社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

>>>【MOTA車買取】一括査定の評判と口コミ~デメリットも包み隠さず紹介


新型レクサスRX リセール最強仕様(オプション含)予想

新型レクサスRXのリセール最強仕様予想を検証していきます。

リセール最強仕様予想
  • グレード:RX350Fスポーツ
  • ボディカラー:ホワイトノーヴァガラスフレーク(F SPORT専用色)
  • シートカラー:ダークローズシート(赤皮)
  • オプション:パノラマルーフ、エアロ無
  • マークレビンソン:+約10万
  • TRDフルエアロ:+約2~30万
旅めだか

パノラマルーフがないと下取り価格が50万円下がる事も!


新型RXのリセール予想動画。

旧型RXのリセール参考記事も紹介します。

リセールバリューばかり気にしててもしょうがないので、自分の好きな仕様で購入するつもりですが、やはりポイントは抑えたいですからね。

後であのオプションを付けておけば良かった!とならないように事前に調べる事は必須ですね。

新型レクサスRXの中古車情報

新型レクサスRXの中古車は2023年1月14日時点では、市場に出ていません。

そりゃあ納車された方が極少の状態では出てこないかと思われますが、転売ヤーがNXの時よりも多くなる事が想定される為、近いうちに出てくるでしょう。

その時、金額がいくら程度になっているのかが気になるところです。

>>> カーセンサー新型レクサスRX中古車在庫情報

新型レクサスRX外装(エアロ含む)

新型レクサスRXの一番大きな特徴としては「スピンドルボディ」でしょう。

これまでのスピンドルグリルからスピンドルボディ。すぐに受け入れる事が難しい方がほとんどかもしれません

きっと慣れてくるとなんでもないのでしょうが、、、

ちなみに純正のエアロパーツとして、モデリスタ、TRDなどが用意されています。

TRDエアロ

レクサス新型RXTRDエアロ
グラファイトブラックラスフレーク
レクサス新型RXTRDエアロ
ホワイトノーヴァガラスフレーク

個人的にはTRDエアロが超気に入っています!

TRDから発売された「F SPORT PARTS」と呼ばれるF SPORT専用のエアロパーツはフルセットで80万円近くするのでちょっと悩みますね。

F SPORT PARTS
⇒レクサス各モデルのF SPORTグレード向けにTRDが開発している定評あるパーツ群。

>>> TRD公式サイト

TRDエアロを装着した場合の、地上高に対する影響は、フロント約19㎜ダウン、サイド約44mmダウン、リア約51mmダウンとの事。

フトントリップまでの高さは約250mm程度になるとの事で、縁石は大丈夫そうです。

旅めだか

旅めだかはTRDエアロ(ミラーのみ除く)にしようと思っています。マジかっこいいです♪

みんカラでRX500hにTRDエアロが装着された記事がありました。メッチャかっこいい!

モデリスタエアロ

レクサス新型RXモデリスタエアロ
グラファイトブラックガラスフレーク
レクサス新型RXモデリスタエアロ
ホワイトノーヴァガラスフレーク

新型RX用のモデリスタも装着によってかなりの迫力になりますね!

>>> モデリスタ公式サイト

アロを装着した新型RXのYouTube動画を集めてきたので、じっくりとご覧ください。

RX500h+TRDエアロ(グラファイトブラックガラスフレーク)

RX500h+TRDエアロ(ソニッククロム?)

RX450h+モデリスタ(ソニッククォーツ)

MODELLISTA エクスパンションパッケージ(バージョンL専用)

RX450h+モデリスタ(グラファイトブラックガラスフレーク)

オレンジキャリパー

F SPORT、F SPORT Performanceでは専用のオレンジキャリパーを選択する事が可能です。

F SPORT Performancでは、ブラックキャリパーも選択可能となっています。

ウィンカー

流れるシーケンシャルタイプではなく、シンプルに点滅する形となっています。

コーナリングランプ、ハイビーム

コーナリングランプとハイビームを同時に点灯した画像がツイッターでありました。

新型レクサスRX内装インテリア

F SPORT専用内装インテリア

大型のフットレストが特徴の専用アルミペダル。

またフロントシート、ステアリングもF SPORT専用になります。

アンビエントライト

アンビエントライトの正式名称は「インテリアイルミパッケージ」となります。

インテリアイルミパッケージの明るさが最大にしてもそれほど明るくなく、特にF SPORTだと内装が暗くなるため、あまり目立たない程度の明るさになっています。

旅めだか

14色のテーマカラーと50色のカスタムカラーに変更可♪

レクサス新型RXエンジン

RX500h F SPORT Performance

項目詳細
エンジン2.4ℓターボハイブリッドエンジン(T24A-FTS)
最高出力202KW(275PS)/ 6,000rpm
*システム最高出力273KW(371PS)
最大トルク460N-m(46.9kgf-m)/ 2000-3000rpm
モーターフロント64KW(87PS)・292N-m(29.8kgf-m)
リア76KW(103PS)・169N-m(17.2kgf-m)
*リヤに高出力モーター「eAxle」搭載
トランスミッション6AT
燃費14.4km
駆動形式4WD(AWD)のみ
0-100km/h6.2秒(AWD)
*トヨタ・GR86以上

RX450h+

2.5ℓ直4プラグインハイブリッドエンジン。システム最高出力227KW(309PS)

エンジン:136KW(185PS)・228N-m(23.2kgf-m)

モーター:フロント134KW(182PS)・270N-m(27.5kgf-m)、リア121KW(12.3PS)・169N-m(17.2kgf-m)

大容量・高出力リチウムイオンバッテリー、フロント・リヤモーターを搭載するプラグインハイブリッドタイプで無段変速。4WD(AWD)のみ。燃費は18.8km/L。

0-100km/h:6.5秒(AWD) EV航続距離86km

RX350

2.4ℓ直4ターボエンジン。

エンジン:205KW(279PS)・430N-m(43.8kgf-m)

駆動方式はFFと4WD(AWD)が選択可能で、8AT。燃費は7.6(4WD)/7.9(FF)km/L。

0-100km/h:7.6秒(FF)~7.9秒(AWD)

新型レクサスRXカタログ

新型レクサスRXカタログ

新型レクサスRXのカタログは電子カタログで確認する事が出来ます。

実際に店舗ではもらえない事も多いようですし、電子版のカタログの方が情報量が圧倒的に多いの、電子版をオススメします。

>>>新型レクサスRX電子カタログ

新型RX説明書

新型RXにはオンライン上で「新型RXの説明書」が公開されていました。

納車前に見てアレコレと思いをはせるものいいですね。

旅めだか

国産車でもワンタッチウィンカーやワイパーのダイレクトスプレー機能が装備されるようになったのですね!これはありがたい♪

>>> 新型RXの説明書

新型RX見積りシュミレーション

新型RXはオンライン上で見積シュミレーションが可能となります。

>>> レクサス見積りシュミレーション

新型RX紹介動画

RX500h F SPORT Performance package

新型RX新旧比較

新型RXは、骨格、パワートレーン、サスなど全てが新世代となった大幅な改良という事で旧型と大きな差が発生している記事がありましたので紹介。

機能/性能の大幅な向上は間違いない

 従来型オーナーには非常に申し訳ないが、走りに関しては大きな差があることは覚悟してほしい。

 パワートレーン/フットワークともにTNGA世代へと刷新……それもバージョンアップ版なので、基本素性はもちろん、ハンドリングと乗り心地のバランスも正直言うと比べるに及ばず……。先代の走りは決して悪いとは思わないが、それほど新型の伸び幅が大きい。

 運転支援デバイスの進化も著しく、新型の新世代レクサスセーフティシステム+(バージョン3.0)は世界トップレベルと言ってもいい性能が備えられている。

 このように全てが魅力的な新型だが、唯一残念な所は従来型にラインナップされていたV6ハイブリッドがモデル落ちしてしまったこと。マルチシリンダーならではの滑らかフィーリングは先代のみの特権と言えるだろう。

新旧RX比較

新型レクサスRXサイズ・重量 車両スペック諸元数値

ボディサイズ

項目サイズ(現行モデルとの比較)
全長4890mm(±0mm)
全幅1920mm(+25mm)
全高1695mm(−10mm)
ホイールベース2850mm(+60mm)

全長は現行モデルと同じ.。

従来型よりもホイールベースを60mm広げ、またGA-K改良型プラットフォームにより軽量化、低床化し、重心高を15mm下げてかつ低重心化を図っています。

旅めだか

つまりは後席が広くなった!

最小回転半径

RX500hのみ、後輪操舵のDRC(Dynamic Rear Steering)が採用されている為、5.5m。

RX500h以外のグレードについては、5.9mとなっています。

旅めだか

RAV4、CX-5が5.5mになっています。

ホイールベースが2,850mmある車種となっていますので、それで5.5mはかなり小さい値といえます。

旅めだか

ランクル200、レクサスLXが5.9mなので。。。

新型レクサスRX試乗は可能?

試乗は出来る販売店と受け付けていない販売店があるようですので、事前に確認した方が無難です。

レクサス公式HPから展示車、および試乗車検索が可能となります。

新型レクサスRXタイヤ・ホイールサイズ

RX500h、450h、350全てが同じサイズ:235/50R21

また新型RXのスタッドレスタイヤは下記から検索可能となります。

オススメはX-ICE。高速での安定性がバツグンでV220、A6アバントで愛用していました。

ミシュラン(Michelin)
¥46,456 (2023/02/03 01:08:22時点 Amazon調べ-詳細)

新型レクサスRX関連社外商品一覧

フロアマット、ラゲッジマット

新型レクサスRXのフロアマットは純正だと10万円超の価格となりますが、サードパーティー製であれば同程度の品質で半額以下で可能となります。

>>>【2023年最新】レクサス新型RXフロアマット~純正から社外品まで集めました

新型レクサスRX用洗車道具おすすめ一覧

洗車道具のオススメについては、別記事にて特集しています。

洗車好きには憧れのアイテムである純水器を使用した洗車グッズなどもレビュー予定。

>>>【必見】洗車道具おすすめグッズ一覧~純水器から基本セット一式まで徹底紹介

愛車ブログを作成して月5万円の収益化をしよう

車好きであれば、洗車グッズを研究したり、愛車に関するパーツなど色々と調べたりしますよね?

時には自動車保険を検討したり、次の買い替えの時に一括査定したりする事もあるかと思います。

そんな愛車に関わる事をブログ化する事によって収益化出来る事をご存じですか?

色々と物事を調べるだけでなくてブログ記事し、その記事にアクセスが集まれば、それがお金に変わるのです。

想像してみて下さい!

収益化して得たお金で、愛車のパーツ、ちょっと高くてずっと悩んでいた洗車用品をためらわずに購入出来るようになる姿を。

また家族全員で愛車で旅行に行ったり、ドライブに行ったりしてお金の事を気にせずちょっぴり贅沢が出来るようになる事を。

稼げるようになったお金を自分の為に使うもよし、家族の為に使うもよし!

もし少しでもそうなりたい!と思ったあなた、ブログをはじめてみませんか?

旅めだか

愛車ブログの始め方ガイドはまだ作成途中ですが、上の各種趣味ブログの始め方が参考になるかと思います!


>>> 趣味ブログの始め方

【2023年最新】レクサス新型RXまとめ情報まとめ

レクサス新型RXのまとめ情報一気に記事にしてみました。

こちらの記事については随時更新を行っていきます。

2 COMMENTS

田中勝

F350納車待ちですが、ブレーキキャリパーはパーツがない為付けられない情報で本当ですか?

返信する
ビルトインガレージハウス管理人

>田中勝さん
こんばんは!F350納車待ちなのですね、楽しみですね。
Twitter界隈でオプションの赤キャリパーを付けると納期が遅くなるという噂が流れていますね。
何が正しいのかはわからないので何とも言えず、、、そんな事はないと願いたいです。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。