Amazon Echoを外部スピーカーに接続し音質改善!おすすめスピーカー4種類を紹介

Amazon Echoを外部スピーカーに接続し音質改善!実際に試してわかった事

Echo Show5を購入しAmazon Music Unlimitedで音楽を聴いているのですが、音質がどうしても気になってしまいます。

どうにかして満足のいく音で音楽を聴きたい!そのためにはどうすればいいか?

そんな悩みを解決してくれるのがEcho Show5の音声出力を外部スピーカーにする方法です。

しかしながらどんなスピーカーでも良い訳ではなく、相性があるので購入には注意が必要です。

この記事がおすすめの人は?

Echo Show5を含むAmzon Echoで音楽を聴く為に、最適な外部スピーカーが欲しい!という方の為の記事となります。

Echo Show5の外部スピーカー!希望通りで最適なものは?

Echo Show5を含むAmzon Echoは音声を外部出力する事が可能です。よってEchoのスピーカーの音に満足が出来ない場合は、別途スピーカーを用意する事で高音質化を図る事が可能なのです。

接続(出力)方法として下記の2種類の接続(出力)方法が可能となり、有線接続のミニジャック、無線接続のBluetoothになります。

外部接続(出力)方法
  • 3.5mmミニジャック端子(有線)
  • Bluetooth(無線)
ザクラス

パソコンでも音楽を聴く事もあり、またPC画面前にあるEcho Show5でも音楽を聴く事がある。あまりスペースを取らずいい音を聞きたい。そんな要望にピッタリのスピーカー探し。。。

希望をまとめるとこんな感じ
  • パソコン、Echo Show5の両方の音を1つのスピーカーから出力したい。 出来れば音声の同時出力が可能
  • なるべくいい音で音楽を聴きたい。
  • アンプは利用せず、Echo Show5は出来ればBluetooth接続がいい。
  • パソコンは有線接続、Echo Show5は無線(Bluetooth) 接続 (有線でも可)で自動切り替え可能(同時出力不可なら)。
  • Bluetooth接続時に自動スリープになるオートスタンバイ機能のないもの。←重要!オートスタンバイ機能があるスピーカーが多い。

希望を上げてみると沢山ありますね(笑)

Echo Show5から音楽を流すと、音がいまいちなのと、アレクサと呼んでも反応しない事などがある為、なるべく外部スピーカーから音を出力したいのです。

そんな希望を叶えるスピーカーははたしてあるのか?数十時間以上かけたEcho Show5の外部スピーカー選びの記事となります。

スポンサードリンク

Amzon Echo対応 外部スピーカー一覧

JBL Pebbles

JBL PEBBLES

JBL Pebblesは、私がPC用スピーカーとして5年ほど前から利用しているもの、低価格でコストパフォーマンスが高く愛用中です。

今回Echo Show5を購入、設置し、AUX接続でPebblesに接続したのですが、アレクサの音は出るものの、PCの音が出なくなってしまいました。

このスピーカーは、USB接続とAUX接続の両方があり、両方を接続するとAUX接続優先となり、USB接続からは音が出なくなってしまうのです。

よってパソコンからの出力はUSB接続ではなくAUXにする必要があります。

しかしながら、値段以上の素晴らしい音であり、Echo Show5をはじめとする、Echo Dotなどのスピーカーとして考えるのであれば最高の組み合わせだと思います。

GOOD
  • 金属製であり質感、品質、見た目が良い
  • 実売価格5,000円以下
  • オートスタンバイ機能なし。自動スリープにはならなくEcho利用でも問題ない。
  • AUX接続であれば複数と同時接続可能
BAD
  • USB接続とAUX接続があり、両方を接続するとAUX接続優先。よってUSBからの音は聴けなくなる。
  • Bluetoothなし。

レビュー記事

USB接続を利用せず、AUX接続のみであればマルチイヤホンスプリッターを利用する事で複数端末の同時接続が可能となり私の希望する環境が出来ます。

つまり JBL Pebblesスピーカーを、パソコンとEcho Show5で共用するという事が出来るのです。

ザクラス

ちなみに通常の分配器を利用しPebblesに接続しても音は出るものの小さくなってしまう問題が発生。またスピーカーが破損する可能性もあり マルチイヤホンスプリッターを使用する事にしました。詳細は下記記事をご覧ください。

JBL Pebbles外部スピーカーAmazon Echo Show5の音質を外部スピーカーJBL Pebblesで劇的にアップする方法

TASCAM ( タスカム )  VL-S3

TASCAM ( タスカム ) のVL-S3は、モニタースピーカーでありながら、普段使いにも対応出来る 非常に評判が良く人気となっているようです。

Echo Show5の外部出力スピーカーとして、私の利用方法では有線接続と無線接続の切り替えが問題となるので残念ながら対象外となりました。

しかしながらBluetooth接続で利用するのであればおすすめの機種となるのではないでしょうか。

ザクラス

Alex(アレクサ)の音声指示を利用してBluetooth接続と解除をして利用する事は可能です。
例「アレクサ、○○に接続して」「アレクサ、○○の接続解除して」など。

ただ私はその言葉で切替するのも面倒で。。。

GOOD
  • コストパフォーマンスが最高のスピーカー。
  • サイズからは想像出来ない良い音がする。
  • 無線接続( Bluetooth )に対応している。
  • オートスタンバイ機能なし。自動スリープにはならなくEcho利用でも問題ない。
BAD
  • 電源投入時に自動的にBluetooth接続スタンバイのモードになる為、有線接続メインで利用したい場合は毎回ボタンを押下し切替が必要。ただし電源つけっぱなしで利用であれば問題ない。
  • 有線接続とBluetoothの同時接続には対応していなく、実用的な切替にはボタン押下が必要。

レビュー記事

Harman Kardon SOUNDSTICKS Bluetooth

コンパクトな割に非常にいいという評判のスピーカーです。外観も非常にスタイリッシュなのが、物欲をそそってくれます(笑)

価格帯が少し高いのが手を出しにくく、値段さえ問題なければ是非導入したいスピーカーです。

レビューを見ていると、有線接続と無線接続で同時に音声出力が可能となっており、例えばテレビスピーカーとして利用しながら、Amzon Echoの声を出す事も可能なのが非常に魅力的です。

GOOD
  • 所有欲を満たしてくれるスタイリッシュな外観。
  • 有線接続、無線接続の同時接続・再生が可能。
BAD
  • 意外にプラスチッキーなスピーカー本体素材。
  • ウーファーが場所をとる、真ん中上部の空洞からホコリが入る。

Harman Kardon SOUNDSTICKS Bluetoothは、最後まで候補に残りましたが、次に紹介するスピーカーの方を私は最終的に選びました。

レビュー記事

iLoud Micro Monitor

コンパクトな本体からは考えららないほどの音、それがiLoud Micro Monitor。

価格帯も上になりますが、このサイズからは想像出来ない音質で、Amzon Echoの高音質化を狙っているのであれば確実に候補に入るスピーカーが iLoud Micro Monitorなのです。

有線接続(ステレオミニ、RCA)、無線Bluetooth接続が可能であり、スピーカー間の接続ケーブルは1.5mなので余裕を持った接続が可能です。

なによりも有線接続での音声を出力中に無線接続をして同時に音声を鳴らす事が可能なのが非常に魅力的です。

GOOD
  • 無線接続( Bluetooth )に対応している。
  • 有線接続と無線接続の同時接続・再生が可能。
  • 片手に収まるサイズの割には低音の出力もよく、全体の解像感も高い。
  • マイクスタンド( ネジ穴UNC 3/8インチ) の利用が可能。
BAD
  • オートスタンバイ機能なし。自動スリープにはならなくEcho利用でも問題ない。
  • 価格の割に作りが雑で、高級感はない。
  • スピーカー間接続ケーブルが太い。

この iLoud Micro Monitorにマイクスタンドを接続させて利用するのも、なかなかいい感じになりそうですね。音質も机の影響をうけなく改善されそうです。

レビュー記事

まとめ

私の利用状況を考えると有線接続と無線接続で、音声の同時出力が可能である事が重要です。

パソコンを利用しつつ、Echo Show5を音声コマンドで利用するシーンが多く、そのためには音声の同時出力が必要である事が重要だったのです。

またオートスタンバイ機能があると、一定時間Echo Show5からの入力がないと自動的に電源が落ちてしまうことから、この機能が無い事もAmzon Echoで外部スピーカーを使う際には重要です。

私が 「iLoud Micro Monitor」を選んだ一理由
  • 接続と無線接続の同時接続・再生が可能。
  • オートスタンバイ機能がない。

価格は高いですが、満足出来る外部スピーカーのセレクトが出来ました。結局、このスピーカーに決定するまでに色々と調べた時間は10時間を余裕で超えてました(笑)

Amazon EchoAmazon echoできること・使い方!超絶便利な方法も紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。