ビルトインガレージハウス建築、ガレージ部分の理想と現実

ビルトインガレージハウス

ビルトインガレージの希望と現実

まずは広さは3m×6,5mはあると良かったんですが、3×6mが現実でした・笑。まぁこれだけのスペースがあれば、今の愛車(330クーペ)は余裕で駐車できそうです♪

高さはと言うと、なんと!3m以上。天井が高いばっかりじゃもったいないので、上部には収納できるロフトを検討中です。一般的にはビルトインガレージのお宅はそうそう多くないし、このプランで我慢です。しかしビルトインガレージにしたばかりに、居住空間は狭くなってしまいますが・・・。

ガレージドア

ガレージドアも家の顔の一部です♪ってな感じで結構重要なガレージドアですが(何せ外観に大きく影響します)シャッターにオーバースライダー・・・色々と悩みました。そこでネットの出番です。

ガレージハウスを建てられた方々のページを参考にして、結局「REMCOのスチールフラットドア」を第一候補として考えています。他には文化シャッター、三和シャッター等がありますね。

レムコ ガレージドア
thumb_www_remcodoor_com

価格が気になるところですが、なんと色々と込みで80万円ほどになるようです。かなりのお値段ですがここで妥協して中途半端な物をつけて後悔はしたくないですからね。

シャッターは巻き取りタイプらしいのでメンテナンスが必要な点が面倒くさがりの僕としてはオーバースライダーより劣る感じでしょうか。

 

そして気になる音ですが、夜間の出し入れの時なんか音がより一層響くでしょうから心配ですよね(二世帯だし)ですがシャッタータイプでも音が静かな物も結構あるようですが、これもまたオーバースライダーには負けちゃうかもですね・・・。

リビングからの眺め

DSC061256
室内からガレージの愛車を眺める事ができるような間取りを希望。ガレージと室内の間にFIXガラス入れる予定です。これで念願の愛車を眺めながらの生活ができますね。

スポンサードリンク

リビングからせっかく愛車を眺めるならば、やはりどの位置から見るのがいいのか考えてみました。水平レベルでは実は車はそれほどよく見えないそうです。うちは見下ろす感じにする事にしました。錯覚を利用して、鏡を付けるのもいいですね!楽しい悩みがいっぱいです。

ガレージから家との出入り口・収納

PAK26_sutadresutaiya20140208
ガレージ側と家の玄関を屋外用のドアを取り付けて、ガレージから直接部屋へ入れるようにする予定。洗車道具、スタッドレスタイヤなどを保管できるスペースも考えなくちゃです。壁面に収納を作っても、天井高がかなりあるので天井面に収納スペース(ロフト的な)を作るのもいいなと思っています。

照明

DSC07197
白熱球やハロゲン球のスポットタイプ、間接照明が人気のようですが、白熱球は熱を持つので心配になります。はたしてどのタイプにするべきなのか。

ワット数の大きくないLEDダウンライトでほのかに照らすのがいいか・・・悩みます。少し凝ってみたいので普通の蛍光灯という選択肢は今回なしです。予算が許せばですが・笑

傾斜

大雨などで水が入り込んで来ないように1mで2㎝のアップ(2%)を目安に傾斜をつける予定。車のお腹をこすらないようスロープ、道路との関係も考慮しなけばいけないですね。

換気扇

もちろん設置する予定です。予定ですが、マフラー付の天井から外に抜けるように設置。自動的に稼動するようにタイマー等も使えればと思っています。

ビルトインガレージの床

これが悩みどころです。コンクリのままにするか、タイル貼り、カラークリート等いくつか候補がありますが。予算が床までかけられるようであればですね。
100_1928_R

希望を上げればきりがないビルトインガレージの希望ですが、うまく取捨選択して満足いくガレージにしたいですね。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。